屋根葺替え S邸 鶴田町

屋根を葺き替える時注意すること

屋根葺替え S邸 鶴田町

IMG_1981

屋根の葺き替えが去年からの継続工事になりました。

ここで完成した写真をUPしながら、屋根を葺き替える際の注意することを説明したいと思います。

ちなみにS様邸の屋根は、横葺きから縦葺きに変更して葺き替えています。

屋根に関係する工事というと、塗装か屋根葺きかというこになろうかと思います。

まず大前提として、屋根は建物・建築物にとって、基礎に次いで大事なパーツだということを頭にいれて頂いて。

屋根は、

  • 直射日光=紫外線=がまともに降り注ぐ。
  • 大気中に漂っているゴミホコリが舞い降りてくる。
  • 鳥の糞などが落ちてくる。

などなど、傘のごとく住宅を守っています。 この屋根をいつもでも雨漏りなく維持するためには、日ごろのメンテナンスが欠かせません。

IMG_1982

ところが、メンテをおろそかにして気がついたら、サビがあがっていた。という方は多いと思います。

塗装材にもよりますが、おおよそ教科書どおり5年ごと屋根塗装を施している方は少数です。(本当はダメなんですよ)

 

では、実際に屋根を何とかしよう。と思っているあなた。 塗装をしようと考えてませんか?

新築して10年目→屋根塗装して下さい。

新築して15年目→10年目で屋根塗装した方。→ 2回目の屋根塗装して下さい。
1度も塗装してない方。→ 塗装業者にきちんと説明をして、
多少費用が掛かりますが、塗装可能です。

新築して20年目→10年15年目で屋根塗装した方→塗装でOKです。
15年目に初めて屋根塗装した方。→ 過去施した塗り方によっては屋根の葺き替えも検討。
1度も塗装していない方→ 屋根の葺き替えの方がお得です。

上のチャートは、ざっくりとしたものですが、当然ながらきちんとメンテしている方は、トータルで安上がり。

ただし、20年前後一度も屋根塗装されてない方は、屋根の葺き替えを検討された方がいいのです。おそらくサビがあがりカシメているところは孔があいているでしょう。 この状態では、いくらこの上から塗装しても、雨漏りは時間の問題です。現状雨漏りしているならば、なおかつ、これからも20年30年住み続けます。という方は、即刻葺き替えを強くススメます。 家が腐りますよ。

IMG_1986
少し脅かし気味に書いていますが、それ程屋根は重要なんです。

たまに天気がいい時に、屋根に上がってみて下さい。(決して無理はしないで下さい。また雨の日は滑りますから、絶対に上がればダメです)

高いところが苦手。私の家は塗装?屋根の葺き替え?でわからない方。お気軽に相談して下さい。

自分

よろずプランマー 木村陽仁です。
お電話でのお問合せ・工事の依頼は
お気軽にどうぞ。

五所川原市大字持子沢字笠野前287-1
0173-27-3536 090-7324-8646

お問合せ・ご相談・お見積り依頼はこちらから

メール