パナソニック アラウーノへ便器 取替え 弘前市

和風便器からアラウーノ洋風便器へ取替え

パナソニック アラウーノへ便器 取替え

和風便器洋風便器 パナソニック アラウーノ

和風便器から洋風便器に取替え依頼をお受けしました。

発注者のお客様は高齢者です。

和風便器に不便を感じ、和風便器に専用カバーをかけて洋風便器”風”に変えて、お使いになっていました。

関節痛患者数
関節症で病院を受診された方:219万4,000人 うち65才以上の高齢者:181万3,000人
出典データ:平成29年(2017年)厚労省 患者調査

日常生活する上で、トイレの役割は非常に大きいことは、皆さまも感じていると思います。
特に、ヒザなどの関節痛に悩んでいる高齢者が多く、しゃがむことが出来ない場合は和風便器で排泄することが、困難になります。

そこで、便器の洋風化や手すりなどを設置する必要性がでてきます。(※ 手すりは転倒防止などの意味もあります)

和風便器から洋風便器への取替えには、床工事が必要です

洋風便器から洋風便器に取替える場合は、床工事が必要でない場合もあります。
参考記事⇒ ina製洋風便器からLIXIL(INAX)製洋風便器へ取替え おススメと注意点

この場合は数時間で工事が完了でき、費用面でも安く施工できます。

ですが、

和風便器から洋風便器への取替えは、さらに床工事が必要になります。

便器の形状がそもそも全く違いますし、排水管・給水管の所定寸法への切り回しも行います。
どうしても床を開かないといけませんので、床の復旧も兼ねて、床工事が必要です。

トイレの床復旧もリビングの床工事と施工方法は同じ

床工事
断熱材⇒合板材捨て貼り

当店の違う現場から写真をもってきました。

排水管・給水管等の切り回し後に床の復旧になる訳ですが、その際は一般の床工事と同じ工程になります。

床下地木材補強⇒断熱材⇒一枚目合板貼り⇒仕上げフローリング貼り

せっかく床を開いて床材を撤去しますので、床からの冷気を遮断するため断熱材を敷き、一枚目の合板を貼ります。 これは捨貼りともいい、フローリングを敷く前段取りとして行います。それから、床フローリング貼りになります。

床を仕上げ便器をセット

CIMG1959

多能工という新たな区分け

トイレのような狭い空間ですと、複数人が一緒に同時に工事を進めることはできません。

一方、トイレリフォームを床工事から行う場合、業種の細分化が進んでいいる建設業界では、大工さん、給排水配管工さんが必要で、時間を分けて各々必要になります。 これに、カベなどの内装工事が追加されると、さらに、内装工さん、電気工さんも加わります。

今回のトイレリフォームの場合では、一般的な工事は下の流れになります。
一般工程

最長4日

 

この方法ですと、大工さんが工事をしている間、給排水工さんが待機、又は別日施工という、費用的にも時間的にも無駄です。

無駄な工事が発生するということは、お客様にも不利益を被るというこですので、(工事費用に反映されたり、工期が伸びたり)
当よろずプランマーでは、多能工という職種を設け、以下のように施工していきます。

多能工

最短1日!

 

こうすると、多能工一人で全て行うことができ、今まで無駄にしていた時間を大幅に削減するこので、費用面も安価にすることが出来ます。

補足
住みながらの住宅リフォームは、お施主さんからみても、大人数での業者さんがご自宅を歩き回るより、必要最小限の人数の方が、何かと安心されるのではないでしょうか。

 

自分

よろずプランマー 木村陽仁です。
お電話でのお問合せ・工事の依頼は
お気軽にどうぞ。

五所川原市大字持子沢字笠野前287-1
0173-27-3536 090-7324-8646

お問合せ・ご相談・お見積り依頼はこちらから

メール