レンジフード 食洗機 取替え 五所川原市

古くなったレンジフードは取替え 食洗機を新たに取付けました。

古くなったレンジフードは取替えをし、食器洗浄機はシステムキッチンの一部を取り除き設置しました。 レンジフードは恐らく、キッチン内の中で一番掃除が面倒な機器だろうと思います。一方で、食洗機は、これも恐らくキッチンの中で、一番優れた機器であろうと思います。

レンジフード取替え

取替え前のレンジフード取替え後のレンジフード

レンジフードは、使い続けていくとどうしても油まみれに近い状態になります。 毎日洗剤で掃除し、シロッコファンも分解してキレイに使うことに越したことはありませんが、現実問題としてそれはかなり面倒で難しい。(かなりマメな方でしたらできるかもしれませんが)

年に1度、プロの掃除業者さんにお願いするのもアリですが、15年越えている場合は、電気モーターの劣化も懸念されますので、思い切って交換された方が、安心です。

消費者庁のリコール情報をみても、レンジフードの事故報告は見受けられませんが、相手は電気モーターを使ったファンなので、扇風機と同じで、長年使い続けるにはリスクを伴います。

新しく取替えた写真のレンジフードは、クリナッフ゜製の凡用標準型の一般的なレンジフードです。

取替え費用も一番安価で、性能もこれで十分だと思います。

↓ クリナッフ゜のカタログを載せます。⇒リンク先 クリナッフ゜水まわりカタログ

レンジフード

レンジフードはシロッコタイプとプロペラファンタイプがあります。

食器洗浄機の設置

食洗機を一度使うと手放せないというお話をよく伺います。

食洗機というと、全くない状態から設置するには、外付けタイプの食洗機しかない。と思っていませんでしょうか。

そんなことはありません。

食洗機設置前食洗機設置後

上の写真は、設置前と設置後です。

いろんな設置方法があって、システムキッチンによって制約も多いのですが、今回は、開き戸の左側の扉を取外し、そこに食洗機を設置。

おおよそ開き戸の中には、多種多様な食器や鍋フライパン等が入っていると思いますが、それをどうにか違う所にもっていけば、あいたスペースに《食器洗浄機》がつけれます。

調理スペースが広いと、後付けタイプでもいいのでしょうが、狭くなるのは必至。 調理スペースは本来、余裕があるくらいがちょうどいいので、調理に支障がでるのは、簡単に想像がつきます。

全てのメーカーのシステムキッチンに対応しているのかというと、即答できかねますが、おそらく見た目を重視しないのであれば、大丈夫だと思います。

ただ実は、食洗器本体より、排水管の状況が一番大事です。

高温の排水がされるので、それに耐えることができるかどうかが、第一の確認になります。

マメ知識
排水管の耐熱温度は60℃ですから、沸騰しているお湯をそのまま流すのは厳禁です。

⇒ panasonic ビルトイン型食洗機

自分

よろずプランマー 木村陽仁です。
お電話でのお問合せ・工事の依頼は
お気軽にどうぞ。

五所川原市大字持子沢字笠野前287-1
0173-27-3536 090-7324-8646

お問合せ・ご相談・お見積り依頼はこちらから

メール