キッチンリフォーム M邸 五所川原市

システムキッチンへのリフォーム

システムキッチンのリフォーム工事依頼です。
今は、あちらこちらに展示場があって、実物を直に見れる環境が整っていますが、あくまでそれは都市部での話し。

ここ五所川原でも、設備機器の展示場といえば青森市まで走らないといけません。
そこで、お客様の現状キッチンの不満や、生活環境、食事、家族構成、生活サイクルなど、総合的に勘案してプランニングし、
かつ、メーカーに踊らされることなく、展示場に行かなくても お客様が満足するような、キッチン及びキッチンまわりを
ご提案することが、私どもの使命だと、考えています。

リフォーム前とリフォーム後と対比しています。


奥様の要望により、窓を小さくして小窓程度に。実際のキッチン選定では、奥様の身長が低いため、高さを優先して選定。さらに作業スペースを大きくとり、料理しやすく、残りのスペースに冷蔵庫を納めるキッチン長さにしました。収納に関して、上部吊り戸は開き戸ですが、システムキッチン部はすべて前面にスライドし、さらに包丁やおたまなどの小物は専用に前面に開くパタパタくんを選定しました。

今まで、炊飯器やポット電子レンジなどの電化製品類がバラバラの状態で配置されていたので、それをひとまとめにして、動線上に配置。食器類は家具から、引き戸の大型収納にして統一性を持たせました。 とにかく、キッチンまわりは小物がたくさんありますので、それをどのようにいかに不便なく収納させるのが ミソです。ちなみに炊飯器・ポット台の下は、普段は見えないゴミ箱収納になっています。車がついている台にゴミ箱が載っているので楽にどこへでも運ぶことができます。実際は調理スペースのすぐ後ろですので、すこし引き出すだけで、ゴミは捨てれます。

キッチンには、食材や調味料、インスタント食品や 雑貨などの買い置き お米などの大きな袋もの、そして、なぜかたまる、お皿やお盆など収納場所に困るものがたくさんあります。しかも、それらはあまり表に出して置きたくないもの。 今は食品庫がある住宅も少しずつ増えてきましたが、この食品庫を元々のデットスペースを使って、作りました。奥行きと高さを考えて、現場で作ったものですから 収納力は十分です。 いろんなものを、片っぱしから入れて下さいまし。。


出来上がりは自信をもって、お渡しできるものになりました。当然、構造物や内装、照明なども吟味して、選定しました。

床下は一度きれいにして、防湿シートを敷きます。
床には断熱材を施し、熱が逃げないようにします。
フローリング直張りはしません。 一度、コンパネで下張りします。
もちろん、カベ、天井にも、断熱+シート施工です。
窓はもちろんペアガラスのエコポイント対象品です。
照明は無理なく明るくし、手元灯も設置しました。


最後にキッチンへの出入り口ですが既成のドアは設置できず、建具工事として、職人さんがつくりました。


M奥様談≫≫

とても、すっきりしました。 今まで、テーブルにごちゃごちゃいろんなものが上がっていて、かといって、入れてしまう場所もなかったので、収納するところがたくさんあって、本当にリフォームしてよかったです。家の中でここだけ暖かそうで(笑)。いつも、いてしまうかもしれないですね。 ゴミ箱がみえないってとても、気に入りました!

キッチンは毎日使うところ。奥様にとってはもしかすると居間にいる時間より長いかもしれません。 女性の城といわれますね。今の住宅はLDKが主流となってキッチンだけ隔離しません。しかし、築20~30年以上のお宅であれば、LDKにしたいというならば、中を全て撤去しない限りはは無理な話です。だから、今回のような、スポット的なリフォームの場合は、出来る限りのことをして、奥様にとって快適な場所に変えたいと思っています。

引き渡し時、キッチンのメンテナンス方法をお教えしました。
いつまでもきれいな、快適なキッチンのままで末永く使って頂ければ、わたし共は本当にうれしいです。

 

よろずプランマー 木村陽仁です。
お電話でのお問合せ・工事の依頼は
お気軽にどうぞ。

五所川原市大字持子沢字笠野前287-1
0173-27-3536
090-7324-8646

お問合せ・ご相談・お見積り依頼はこちらから

メール