キッチン リフォーム TS邸 五所川原市

ブロックキッチンからシステムキッチンへのリフォームです。

↓リフォーム前の写真                                          ↓ リフォーム後の写真

今までのブロックキッチンに変り、奥様念願のシステムキッチンに。

昭和世代のキッチンから平成時代のキッチンに・・ということで、こうして写真を並べてみると 現在の最新キッチンコンセプトが、いかに奥様の使い勝手を重点に置いた機器と配置になっているのかが、良くわかります。

システムキッチンの選定の重要性はもちろんですが、照明器具の位置、コンセントの位置、そして動線等々、注意事項が数多いのですが、それにプラスしてそのご家族の生活環境やリズム等も考慮して配置や資材を決めます。


リフォーム後の写真の下段写真に木製の出入り口が写っていますが、これは、食品庫です。今のリフォーム雑誌類には、パントリーという名前になっていますが、要は 冷蔵庫に入れる必要のない常温保存がきく食品置き場とキッチン雑貨の買い置きの場所です。

どうしても、家族が多いと買い置きする食品や雑貨が増えますね。その置き場が案外なくて、結局、ホームセンタ等から3~4段の収納箱やカゴを買ってきてしまいます。 しかも、あまり人様に見せたくない。

そこで、小さくても食品庫を一カ所造ることで、そこにどんどん入れることが出来ます。 しかも、人目に触れない。。。

みなさまもキッチンリフォームの際はこの【食品庫】を考えられてはいかがでしょうか。

今回は勝手口にちょっと無理に作ったので少々狭いですがそれでも、棚があると無いのでは全く違います。。


当店では、水まわりリフォームの際は、給水管給湯管ガス管排水管等々施工できる範囲で新規に配管します。
特に、床下に配管されているものに関しては、数年後に今度は配管が老朽化して取替えという事がないように、異常が無くても、水抜栓含め取替えてしまいます。
今回使ったLIXIL システムキッチン・siera (アミィの後継シリーズ)のホームページにジャンプします。(2017年訂正)

 


最近量販店等で、安いシステムキッチンがセットで販売されてますが、水まわりは見えないところが一番大事なので見た目よりも、カベの中、床下を重視した工事をされて下さい!!


自分

よろずプランマー 木村陽仁です。
お電話でのお問合せ・工事の依頼は
お気軽にどうぞ。

五所川原市大字持子沢字笠野前287-1
0173-27-3536 090-7324-8646

お問合せ・ご相談・お見積り依頼はこちらから

メール