和式トイレから洋式トイレへ リフォーム S邸 五所川原市

お年寄りには使いづらい和式トイレから、シンプルで機能性に富んだ洋式トイレへリフォーしました

写真では少しわかりにくいですが、もともと男女兼用の和式の水洗トイレだったようです。それにホームセンターから購入したと思われる簡易洋式便座を設置して使用されてました。

床の段差とギシギシ音
冬になるたびに凍るトイレの水。
くすんでしまったカベと寒いトイレ。

以上の事から、次第にお年を召されてきたS様。
トイレの不便さにリフォームをを決心されたようです。

内部を解体して給水管、排水管、電気配線を規定の位置へ配管しなおします。

元々あった水抜栓もこの機会に取り替えます。

せっかく新しくなったトイレに後でまたお金を掛けたくないと誰もが思うからです。

断熱材が入っていませんでしたので、カベ床天井に敷き詰めます。

今まで外壁にベニヤ板だけで、きっと寒かった事でしょう。

幸いにも土台は丈夫そうなので根太を交換するだけでOKでした。

合板を貼り耐水性のフローリング仕上げです。

便器が奥まって設置されることにより広くなって段差も解消されました。

S様のためにもちろん手すりは必須。

施主様曰く「想像以上によくしてもらって大満足です。実はトイレの水が冬になると凍結したりしていたんです。もう大丈夫ですよね」 はい!保温とヒーターを巻いたので、凍る心配はないと思います。

今回の現場は、家族構成が お母様とご子息の二人暮らしとのことで最低限のリフォームでした。

お母様もトイレの段差と狭さに苦労されていたようでしたが、同じ広さでも20センチほど便器が奥まったことで、かなり広く使えるようになったと思います。寒さも解消されたことでしょう。

当方では、お客様のどのようなご要望にもお応えできる準備はしてあります。なんなりとお申し付けくださいませ。

自分

よろずプランマー 木村陽仁です。
お電話でのお問合せ・工事の依頼は
お気軽にどうぞ。

五所川原市大字持子沢字笠野前287-1
0173-27-3536 090-7324-8646

お問合せ・ご相談・お見積り依頼はこちらから

メール