和式トイレから洋式トイレへリフォーム E様 五所川原市

高齢者対策のため洋式トイレへのリフォームをしました

新築物件では、洋式トイレがほぼ主流になりましたが、既存の物件ではまだまだ和式トイレが大多数です。

和式トイレの弱点・デメリットは《しゃがむ》という行為です。

若者や中高年まではなんとかなりますが、ご高齢になれば、《しゃがむ》ことはつらい動作のひとつになります。

これが不特定多数の方が利用する場所なら、クレームがきます。

お客様の声で、お施主さま、決断されたようで、当方にお声がかかりました。

ありがとうございます!

和式から洋式へリフォームするには、必ず便器をはずす必要があり、排水管の立ち上げ位置変更があります。床が木造なら解体しればいいですが、コンクリートなら《斫り》作業が発生します。

しかもここは床暖が敷設してあり、間違っても間違っても間違っても、斫り過ぎて床暖のパイプを傷つけてはいけません。 そのため必要最小限で斫りは留めます。

孔はモルタルで埋めて、床の仕上げは長尺塩ビシートで新しくします。

便器を設置して完成です。  ちなみにこれは女子トイレ。

男子トイレも施工しましたが、それはまた他で。

 

自分

よろずプランマー 木村陽仁です。
お電話でのお問合せ・工事の依頼は
お気軽にどうぞ。

五所川原市大字持子沢字笠野前287-1
0173-27-3536 090-7324-8646

お問合せ・ご相談・お見積り依頼はこちらから

メール